オタクファッションから考えるモテない理由|オタクのカバンの紐が長いのはなぜか

モテる方法

こんにちは!

コロナ自粛ムードが解除されつつありますよね。街にも人が増えてきたなぁという印象です。

僕も出歩くことが少しずつ増えてきたのですが、街を歩いていて1つ気づいたのですが、

 

カバンの紐めっちゃ長い人いるのなんで?

 

例えばこんな感じ。

(出典:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-f1-50/labor_fox/folder/433051/30/44547230/img_0)

 

いわゆるオタクファッションですね。

足のもものあたりまで紐を長くしているので歩きづらそうだし、だらしない感じで、何も得していない持ち方がみていて滑稽だなぁと思ってしまいました。

 

なぜこんなファッション(カバンの持ち方)をしてしまうのでしょうか?

これを考えてみると「モテない男がモテない所以」がわかるような気がして考察してみました。

 

スポンサーリンク

なぜオタクのカバンの紐は長いのか?

これは僕の仮説でしかないので本当のところはわかりません。

一種の男の本能的なものなんだろうと考えています。ただ本能だとしてもなぜオタクに多くみられるのか?

ギターのストラップ

僕は中学生の頃からギターをやるのですが、中学生の頃って

ギターは低く構えた方がかっこいい!

なんて思っていたんですが、オタクの紐の長さってこれに似ているなぁって思いました。

ギターの位置は低い方がルーズであり、ロックであり、余裕があるようで、スタイリッシュに見えていました。

これは、中高生時代にギターを弾いていた、あるいはギターに憧れていた男性ならこの価値観、なんとなくわかるんじゃないでしょうか?

大人になると「なんかビジュアル系くさい」なんて思うようになり、低い位置でギターを弾くのはなんとなくガキっぽいなぁなんて思うようになるものです。

つまりはギターを低く構えるのは中二病くさいんです。

紐の長さの正体は中二病

ということで、オタクのカバンの紐の長さは中二病が原因なのでは?と考えてみました。

「おいおい、オタクが中二病なのはそんなに不思議なことじゃないだろう」

と言われてしまいそうですが、僕が言いたいことは、

大人になっても自分で中二病と気付いていない事柄がまだまだある

ということなんです。

それがオタクのカバンの紐の長さであり、

転じては

女性への接し方が中二程度で止まっている

というのが今回の僕の主張でもあります。

中二病的な女性への接し方

つまりはモテない男性は、

女性への接し方はこれで合っているし、一番かっこいい

と思い込んで女性への接し方を失敗し続けているということです。

 

モテない男性の原因は、顔などではありません。

顔を原因にするのは、自分が中二病的であることから目を背けている言い訳とも言えます。

大切なのは女性への接し方です。

モテない男性というのは、明らかに女性への接し方に間違いがあるのです。

あなたが最善の接し方と思っていても、それは外から見れば、女性から見えば、

ルーズで、ダサくて、ガキっぽく見えることもあるのです。

それは意識なくカバンの紐が長くしてしまうように、意識なく中二病的な女性への接し方をしているのです。

どうしたらいいのか

まずは自分の価値観を捨てましょう。

あなたがかっこいいと思っていることは、客観的にみたら非常にダサいことな可能性が高いのです。

ではどの言動が正しくて、どの言動が正しくないのか。

それは価値観を捨てて、何度も女性への接し方を変えてトライアンドエラーを繰り返していくしかありません。

なんらかの成果が見えたらそれはあなたにとっても、周りからみても正解に近い接し方となります。

あなたにとって、ちょうどいい紐の長さを見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました