モテるLINEの返し方|ラインで恋愛上級者になろう!

LINE

こんにちわさビーフ!

たかしです。

 

今日は読者からのリクエストが多かったLINEの返し方について教えちゃいます!

たかがライン、されどライン。

LINEの使い方ひとつで好かれるようにも、嫌われるようにもなるんです。

甘くみずにしっかりマスターしていきましょう!

スポンサーリンク

LINEの返信タイミング

まずは返信タイミングについてです。

これは簡単です。

相手の返信スピードに合わせましょう。

 

もし相手が数分でラインを返してくるようであれば、あなたも数分ですぐに返信してあげるのが良いでしょう。

逆に1日に1回程度の返信頻度であれば、あなたも1日に1回程度で良いわけです。

相手のペースに合わせてあげることで、彼女はあなたと波長が合う、とも錯覚してくれます。

 

つまりは、相手が返信を望んでいるタイミングを見計らうってことですね。

これがいわゆるマメな男がモテる、につながるわけです。

 

マメな男がモテるというのは聞いたことがあるかもしれませんが、これがよく勘違いされるワードでもあります。

要は返信を早く、細かく返せばいいんだろう?

という誤解をする人は結構見受けられます。

女性は、返信が欲しいタイミングで返信が来る男のことをマメな男と称しているのです。

 

分量も同じことが言えますね。相手と同じような分量が良いでしょう。

 

すぐに返信が欲しい子にはすぐに返信。

そうでない子には、ゆっくり返信。

 

たったこれだけのことです。

間違っても不用意に、長文を連投しないように!

LINEは早めに切り上げる

これができていない人が結構多いですね。

実は、LINEはあまりしない方がいいです。

LINEはデートに誘う、日程を決めるツールくらいに思っておきましょう。

雑談をLINE上でしてしまうと、せっかく会った時に話すことが減ってしまいます。

それに、LINEでのやりとりに始終してしまうと、どんどんつまらない会話になりがちです。

そうすると、

この人はつまらない人

という烙印を押されかねません。

LINEは不用意に長々とするものではありません。

もちろん、LINEでの会話が好きな女の子もいると思いますが、それは好きな男となら、という条件付きだということを男子諸君は肝に銘じておきましょう。

絵文字やスタンプ、画像を使って楽しませろ

基本的なことですが、これは大切です。

まずスタンプです。

スタンプは、無難に、ドラえもんが良いでしょう。

ドラえもんが嫌いな女の子はいません。

スタンプだけでなく、テキストに交えて絵文字を使えるスタンプも存在します。

そういう小ネタの効いたスタンプを所持しておくと、相手を楽しませるLINEの会話がしやすいです。

また、画像でつっこみやボケもいいですね。

まとめ

とにかくLINEでは、あなたを楽しい人、と思わせないといけません。

つまらない人と思われるくらいならラインはしなくても構いません。

不用意なLINEは避けて、要点をしぼってLINEしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました