恋愛工学はモテない?恋愛工学のウソホント

こんにち腕力!

モテない男をモテる人生にグレードアップするお手伝いをしています、たかしです。

みなさん、恋愛工学って聞いたことありますか?

例えば、「XXすると女にモテる!」みたいな、テクニックを総じて恋愛工学といったりします。

このブログも恋愛工学の一種なわけですが、恋愛工学を実践したもののモテない、とお悩みの方も多いはず。

今日は恋愛工学のウソホントについてお伝えしたいと思います。

– この記事を書いている人 –

たかしです。

全くモテない学生時代を経て、社会人になってモテに覚醒しました。

現在30代。以前の僕のようにモテなかった男性を救済すべく、

「小手先のモテテクニックに頼らず、根本の思想から変革をさせる」をコンセプトに、モテない男性向けに恋愛指南をしています。

恋愛工学はウソ?

本などで恋愛工学を学んでみたけど全くモテない!恋愛工学なんてウソだ!

なんて思ってしまう、その気持ちはわかります。

結論から言ってしまうと、恋愛工学は嘘ではないと思います。

ただ、小手先のテクニックで全てがうまくいくほど恋愛は単純ではないということだと思います。

恋愛テクニックは本質的ではない

もし仮に恋愛が単純だとしたら、人類の長い歴史において未だ確たる恋愛工学が発達していないのは何故なのでしょうか?

科学の進歩はしつつも、恋愛工学の進歩はしていないということなのでしょうか?

僕は恋愛工学は進歩はしているが、社会や文化、流行に大きく左右されるために定まらないということなのかなと思っています。

なので、

「高級な時計を持っていればモテる」とか

「高級車やブランド品はモテる」とか

「社会的ステータスが高いやつがモテる」とか

そういった恋愛ノウハウは、一過性のものであり、年代やとりまく環境にも左右され、本質的ではないと考えています。

学ぶべきことは恋愛の本質

恋愛工学を実践して失敗してしまう典型的な例は、テクニックを真似することにあると思います。

本来、本質的なものがあって、そこから具体化したのが恋愛工学のテクニックになるわけです。

テクニックだけが一人歩きしてしまい、

何故そのテクニックなのか、

本質的なことが見えていないと、抽象化して発展したテクニックに落とし込めない状態になります。

恋愛の本質その1「嫌われない」

好かれるより、嫌われないことに重点を置くべきです。

一部の女子からの女子受けを狙うより、全ての女子から嫌われない状態を目指すべきです。

代表的な例が清潔感ですね。

髪が長かったり、服のサイズがあっていなかったり、シワがあったりすると清潔感に欠けます。

不潔は女子が最も嫌う要素です。

嫌われないためにも清潔感を第一に考えましょう。おしゃれはその後です。

恋愛の本質その2「癒し」

女子は癒しを求めています。

自分のことを褒めてくれる、慰めてくれる、気持ちよくしてくれる男性と一緒にいることが心地よいのです。

イケメンであれば、それだけで癒しになりうるところですが、

イケメンでなくても、言葉やふるまい、態度、心遣いで癒しを提供することはできます。

女子がどうしたら癒されて、

女子がどうしたら気持ちよくなるのか、

そのことを常に考えながら行動することが大切であり、

恋愛工学はまさにこの辺りの本質を具体的なテクニックに落とし込んだに過ぎません。

恋愛の本質その3「特別感」

女子は特別感が好きです。

サプライズだったり、豪華な食事だったり。

自分にだけ優しかったり、話しかけてくれる男性を好むのも特別感といえましょう。

さらに、恋愛工学においてはあえて突き放すという選択もあったりします。

これもまた、次に優しくしたときの特別感を演出するための伏線であったりするわけです。

全ての女子を特別に扱うのは難しいと思いますが、

女子から特別に扱われていると感じさせる要素をコミュニケーションの中に取り込んでいけば

自ずと女子からの反応が変わってくるはずです。

恋愛工学は抽象化して学ぼう

恋愛工学はテクニックが目立ちます。

テクニックは時代や年代、社会や文化、流行によって変わってしまいます。

ですが、恋愛の本質的なものはそれほど時代の流れに影響しません。

恋愛工学を学ぶ際は、テクニックを愚直に真似するだけでなく、

テクニックが生まれた背景、理由、その本質的な理由を自分の中で導き出すことによって、

さらに発展させたオリジナルのテクニックが生まれ、

あなただけの特別な恋愛工学へと昇華していくのです。

Karen WarfelによるPixabayからの画像 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私は30代です。童貞卒業は21歳。 そこから経験人数100人超。そんなノウハウを皆さんにお伝えしたく、ツイッターを開始。金無し、学歴無し、中小企業で働く普通のサラリーマンでも、モテるための方法を覚えたことで、人生変わりました。そんな自分の経験から、モテない人がモテる為に必要な事を真面目に考えるサイト作成。週2本記事発行中です。

コメント

コメントする

目次
閉じる