デートの誘い方はこう考えろ!女性がつい行きたくなるデートの誘い方

デート

こんにちワックス変えました(アリミノピースおすすめ!)

はい、たかしです。

 

みなさん、女性へのデートの誘い方ってどうしてますか?

まさか、

 

「あしたひまー?ご飯食べいこー^^」

 

こんな雑な誘い方してませんよね??

デートの誘い方にはコツがいるんです!

誘い方を変えるだけでぐっとデートの成約率が高まります。

今回はデートの誘い方をお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

メリットを提示しよう!

まずは基本中の基本です。

女性をデートに誘うときは、メリットを提示しないといけません。

こういうと大抵の男性は、

「メリット?えーおごるとか?」

こういったりします。

おごるのはメリットになりそうですが、女性のメリットにはなりません。

メリットの本質

では、どういうのがメリットのなのでしょうか?

それを知るには、女性が感じるメリットの本質を知ってしまうことが早いです。

なぜ女性はメリットを必要とするのでしょうか?

それは、

友達に言い訳をするため

なんです。

 

女性は体裁を気にします。

もし、何もメリットがないのにデートに付いて行ったら、周りからは、

「なんであんな男とデートいったの?wうけるw」

となってしまいます。

 

女性は常に他人の目を気にしてます。

(例えば、清潔感がない男は嫌われるのは一緒にいて恥ずかしいからです。)

女性が友達に言い訳できるようなメリットを提示しないといけません。

女性にとっていいわけになるかどうかが分岐点

女性にとって言い訳になれば良いのです。

例えば大学生ならば、

「レポート大丈夫?手伝ってあげるからご飯いこ!」

だったらどうでしょうか?

これは友達に言い訳できそうですよね。「レポートのためにデートに行った」と。

 

社会人ならば、

「銀座のおいしいケーキ屋さんあって、たぶん君好きだと思う!一緒に行かない?」

だったらどうでしょうか?

これも友達に言い訳できそうですよね。「珍しいケーキご馳走になった」と。

 

このように、友達をイメージして、言い訳になりそうなことをフックに、デートに誘いましょう!

デートをイメージさせよう!

メリットの提示ができても、絶対に女性がデートにYESと返事するとは限りません。

きちんとメリットが提示できた上で、次にやる戦略はこちらです。

楽しいデートをイメージさせる、です。

イメージのさせ方

例えばデート内容をもう少し具体的に言ってしまうのです。

 

「銀座でケーキ食べた後、近くのおしゃれな雑貨屋行こうよ!結構、おれ雑貨屋センスあるから楽しいと思うよ!」

「そういえば、池袋でイベントやってた。謎解きってやったことある?二人で協力して謎解きしよーw」

 

例えばこんな風に、具体的にデートをイメージさせましょう。

女性は想像力が豊かなので、あなたとデートに行った様子をたくさんイメージすることでしょう。

すると、女性はそのイメージの未来を見てみたくなります。

しつこく誘うのはNGですが、こういうイメージをさせるアプローチをすることで、最初は渋っていた彼女もデートの誘いに乗って来やすくなります。

普段から情報収拾しよう!

そしてこれも忘れてならないのは、普段から情報を収集すべきということです。

その女性の好きなものをチェックしておきましょう。

例えば、その女性は、ジブリが好きなのか、ディズニーが好きなのか、はたまたマーベルが好きなのか。

ディズニーならば、ラプンツェルが好きなのか、アラジンが好きなのか。

こういう好きなものを事前に情報収拾しておくことで、最初に言った

デートに誘うメリットを組み立てやすくなります。

女性が好きなものがわからないのに、メリットは提示できませんよね。

普段の会話も、「この女性が好きなものはなんなのか」を意識して質問していきましょう。

また、女性が好きなだけであなたが好きじゃないものはメリットとして提示しても弱くなります。

きちんとあなたと彼女の共通の好きなものを探して、それをメリットとして組み立てましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました