ブランドものとモテるの関係性

こんにちは!

モテない男をモテる男にグレードアップする恋愛マガジン、イッテンゴの編集長たかしです。

女性ってブランドものが好きですよね。

これにはきちんと理由があって、

その理由がモテる方法論にもつながってきます。

今日はブランドから紐解く、モテる方法についてお話ししたいと思います。

– この記事を書いている人 –

たかしです。

全くモテない学生時代を経て、社会人になってモテに覚醒しました。

現在30代。以前の僕のようにモテなかった男性を救済すべく、

「小手先のモテテクニックに頼らず、根本の思想から変革をさせる」をコンセプトに、モテない男性向けに恋愛指南をしています。

なぜブランドものが好きなのか?

女性はなぜブランドものが好きなのでしょうか?

男性でもブランドものが好きな人はいますが、特に女性に多い傾向があると思います。

ブランドものが好きな理由、それは自分に自信がないからです。

本来、服やバッグなど、自分が良いと思ったものだけを手にすれば良いだけです。

ですが、ロゴやどの有名人が持っていたかで判断してしまう。

それは、自分の中に確固たる信念やこだわりが存在せず、

どれが良いものなのか判断がつかないため、ブランドという信用に判断を委ねてしまうのです。

それが良いものなのかわからないが、ブランドだから大丈夫だろう、有名人が持っていたから大丈夫だろう。

自分の中に判断軸が存在しないので、他人の価値観に判断を委ねてしまうのです。

どの男性を選ぶかも他人基準

ブランドものが好きな女性は、男性選びも他人基準です。

他の人が素敵といった男性を好きになります。

モテる男はさらにモテるというのはこのためです。

他人から人気がある男性を、悪くはない良いものとして扱い、好きなります。

バンドマンはモテるのか問題

バンドマンはモテる、そう聞いてギターをはじめた人も少なくないのではないでしょうか?

かくいう僕もその一人だったりします。

でも実際はどうでしたか?モテましたか?

おそらくモテなかったと思います。

それはなぜか?

それは女性は、バンドマンが好きなのではなく、ステージに立って注目を浴びる人が好きだからです。

だから、バンドである必要なんてまるでないのです。

例えば、会社のプレゼンだって良いでしょう。

バシっとプレゼンを決めれば、女性はあなたを好意の目で見てくれるはずです。

周りからの評価を高める

ではどうしたら周りからの評価を得られるでしょうか?

とにかく発言や表現の機会を作ることです。

例えば、ブログでも良いでしょうし、TikTocでもいいでしょう。

SNSじゃなくても、会社の中で幹事をやるなど、周りから一歩目立った場所にいるように心がけるといいでしょう。

とにかく多くの人から注目を浴びる機会を設けてください。

周りから「いいね」をもらえるほど、モテに近づくというのはSNSでも現実でも一緒というわけです。

不評を集めてもいけない

ちなみにですが、同時に不評を集めてもいけません。

同じ理屈で、周りが良くないと評価したものは、個々人もよくないものとして扱いがちです。

周りから嫌われている人はシンプルにモテないって話ではありますが。

嫌いな人を作らない、というのも一つの戦略でもあったりします。

Photo by Laura Chouette on Unsplash

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私は30代です。童貞卒業は21歳。 そこから経験人数100人超。そんなノウハウを皆さんにお伝えしたく、ツイッターを開始。金無し、学歴無し、中小企業で働く普通のサラリーマンでも、モテるための方法を覚えたことで、人生変わりました。そんな自分の経験から、モテない人がモテる為に必要な事を真面目に考えるサイト作成。週2本記事発行中です。

コメント

コメントする

目次
閉じる