モテる男は他人のニーズを読み取る力が長けている

こんにちは

どうもたかしです。

日本テレビの有名な長寿番組の笑点のメンバーがついに変わりましたね。

林家一平さんが降板となり、新しい若手の落語家になりました。

面白そうな人ですよね。

彼は30歳の結婚式で会社員を辞めて、落語家を志したそうです。

15年程で真打になったみたいです。

すごいですよね。人はやる気になれば、歳は関係ないんですね。

何かにチャレンジすることってかっこいいいですよね。

失敗したって、またチャレンジすれば良いですからね。

今回のテーマは、他人のニーズを読み取る力です。
落語家でいうと、客がどういう話のテンポ、抑揚、声の質、声量で笑うのかをなどを研究して話してますよね。

話のプロです。

モテる男もニーズ分析が必要なんです。

はじめていきます。

– この記事を書いている人 –

たかしです。

全くモテない学生時代を経て、社会人になってモテに覚醒しました。

現在30代。以前の僕のようにモテなかった男性を救済すべく、

「小手先のモテテクニックに頼らず、根本の思想から変革をさせる」をコンセプトに、モテない男性向けに恋愛指南をしています。

他人のニーズを読み解く力とは

この力って万人に必要なことですよね。

仕事をするときって、この力がないと、相手のニーズを読むことができず、間違った仕事ばかりをしてしまいます。

この力は決して、モテるためだけの力ではないです。

具体的にどういう力かというと、相手が何を考えているのか、相手が喜ぶことを瞬時に読み取り、それを行動に移せることです。

これが出来る人は、気が利くって言われますよね。

気が利くというのは、相手の求めていることを言われる前に理解をして、先に行動ができることですよね。

実はモテでもとても大事なことなんです。

モテるために必要な他人のニーズを読み取る力とは

女の子は、なかなか自分が思っていることを口に出すのが苦手です。

恥ずかしがり屋だったり、気持ちを汲み取ってほしいという生き物です。

まずはその点を理解しましょう。

その上で、相手が思っていることや感じていることに気づいて、相手がやってほしいだろうことをやっていくのです。

時に、それが間違いの時もあるでしょう。ただ、想像をして、行動をする、結果が分かる。次に生かす。を繰り返していると、自然と、読み取る力が長けてくる訳です。

他人のニーズを読み取る力はすぐには身につかない

何事も、1日でなせるものはありません。

長い年月を通じて、繰り返し経験をしていくことで人は成長をするのです。

大谷翔平選手だって、小学校から野球をやっていて日々成長したから今があるのです。

モテるための努力も同じことです。

場数を多くこなし、他人のニーズを読み取る力を多く経験していくと、自然と分かるようになってきますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私は30代です。童貞卒業は21歳。 そこから経験人数100人超。そんなノウハウを皆さんにお伝えしたく、ツイッターを開始。金無し、学歴無し、中小企業で働く普通のサラリーマンでも、モテるための方法を覚えたことで、人生変わりました。そんな自分の経験から、モテない人がモテる為に必要な事を真面目に考えるサイト作成。週2本記事発行中です。

コメント

コメントする

目次
閉じる