初めての合コンで失敗しないための準備

こんにちは!

高校生からいい歳こいたおじさんまで、幅広く恋愛を指南しているたかしです!

コロナの影響で合コンという機会がめっきり減ってしまいましたね。

最近ではオンライン合コンなんてあるみたいで、これもそのうち潜入捜査してきたいと思います!

さて、今日は初めての合コンで失敗しないための準備という話をしていきたいと思います。

レッツゴー!

– この記事を書いている人 –

たかしです。

全くモテない学生時代を経て、社会人になってモテに覚醒しました。

現在30代。以前の僕のようにモテなかった男性を救済すべく、

「小手先のモテテクニックに頼らず、根本の思想から変革をさせる」をコンセプトに、モテない男性向けに恋愛指南をしています。

合コンでの失敗談

合コンというのは失敗の連続です。

合コンでよくある失敗例を見て行きましょう。

気合が入りすぎてしまう

特に初めての合コンとなれば気合が入りすぎてしまう場合もあります。

自分をよく見せようと、普段着ないようなおしゃれ着なんかを着て行ってしまうと、逆に浮いてしまいます。

社会人であればスーツ、学生であれば清潔感のあるシックな服装で十分です。

女性というのは一緒にいて恥ずかしくない人から相手を選出します。

自分をよく見せることより、変に見えないことに注力すべきでしょう。

盛り上げようとしてしまう

男女ともにお互いに緊張があってうまく会話が弾まないことも多くあります。

そんなことがないように、面白いすべらない話を仕込んでいく人もいたりいなかったり。

合コンというのは確かに盛り上げたくはなりますが、実はそこまで盛り上げる必要はないんです。

じっくりと相手の話を聞く姿勢で、わいわいとパーティ感を出す必要はありません。

気になった女性とゆっくり話ができる環境に持っていければそれで十分です。

グループ全体で仲良くなってしまう

合コンでよくある失敗、それはグループみんなで仲良くなってしまうことです。

一見良いことのように見えますが、グループ全体で仲良くなっても次への発展はありません。

これはよくある合コンの失敗で、合コンを盛り上げようとしすぎてしまうと陥る罠です。

そういった意味でも、前述の盛り上げる必要はないに通じてくる所以でもあります。

合コンとは言え結局は1vs1。気になった女の子と、二人っきりの関係に持っていければその合コンは成功なんです。

合コンを成功させるために

合コンはとにかくグループを離れて単独戦に持っていくことが大切です。

グループ全体で盛り上げて仲良くなると本末転倒で、次の機会はありません。

狙いを定めたターゲットを1人に絞って、会話を弾ませましょう。

会話の弾ませ方

とはいえ、初めての合コンの人は会話の弾ませ方にも躊躇することでしょう。

会話は何も面白い話をする必要はないんです。

会話とはずばり、相手と自分の共通点を探る作業です。

例えば、あなたが映画好きで、女性がスポーツ好きだとしましょう。

ここまでは共通点はありません。

ですが、あなたがスポーツ映画の話に歩み寄れば、ここにはスポーツという共通点が生まれます。

共通点が見つかればそこを掘り下げていき、これ以上共通点が見つからなそうであれば次の共通点を探る。

このループです。

共通点が見つかればお互いに、合コンで一緒になっただけの人から、趣味が合う人へと転換できています。

合コンを抜け出す

お目当ての女性と親密になれたらグループを離れてしまいましょう。

方法は簡単です。

タイミングを見て手を握りましょう。

これがあなたから彼女への合図となり、嫌がられなければそれが彼女からの答えになります。

この答えがYESであれば、そっと二人で席を離れてしまいましょう。

合コンについては、メンバーに報告しておけば問題ありません。全て察してくれます。

合コンは連携プレイとも言えます。

細やかな具体的な情報伝達ではなく、小さな反応でチームともに連携していくことが大切です。

Photo by Yutacar on Unsplash

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私は30代です。童貞卒業は21歳。 そこから経験人数100人超。そんなノウハウを皆さんにお伝えしたく、ツイッターを開始。金無し、学歴無し、中小企業で働く普通のサラリーマンでも、モテるための方法を覚えたことで、人生変わりました。そんな自分の経験から、モテない人がモテる為に必要な事を真面目に考えるサイト作成。週2本記事発行中です。

コメント

コメントする

目次
閉じる