社会人の出会いないって本当なの?簡単に質の良い相手と出会う方法

モテる方法

こんにちわ!

たかしです!

夏になりましたね。

夏は出会いの季節ってことで

今回のテーマはズバリ「社会人の出会いについて」ここにスポットを当てていきます

私は20代の大学卒業してから、会社が土日休みだったんですが、

金曜の夜から日曜の夜まで1週間のうち3日を10年間この出会いの為だけに使ってきたと自負してます。

こんな経験から、出会いスポットをお伝えしちゃうぞ

まずは、ワーストから始めます。

理由は、ワーストスポットに行くと変な女に振り回される可能性があるからです。

それでは、スタートします

スポンサーリンク

出会いのスポット ワースト3

① 相席屋

まず、出会いの場所ですぐ思い浮かぶ人が多いのが「相席屋」ではないでしょうか?

今や都内で18店舗もあります。

但し、相席屋はおすすめ出来ません。

なぜか?

それは、立場が悪いからです。

先日、こんなツイートしました。

結局、女性が選ぶ側に回っているという事が大きな問題。

女性に選ばれる男になる必要があるから、どうしても競争が激化します。

次は、ワースト2の発表です。

 

② キャバクラ、ガールズバー

ここはダメですよね。金づるです。行く意味ないですよね。

行ってる人がいたら、やめましょう。その金で親孝行してください

 

③ 渋谷センター街

ここも、初心者にはお勧めできません。

キャッチも多く、プロが多いので、絡まれる危険もありますし、ダメです。

ここまでが、ワーストでしたが、
それでは、次からは、皆さんのお待ちかねのおすすめスポットのテーマに入ります。

出会いのスポット ベスト3!!

① HUB

いわずとしてたHUB。2人組で行きましょう!

キャッシュオンデリバリーのシステムで行けるとても良心的な場所です。

ここは、滅茶苦茶おススメです。

特に、池袋の東口のHUBは3店舗あって、おススメです。

池袋って街は、出会いには実は最適な町なんです。
次回、池袋特集をやりますが、とにかく池袋は出会える場所としては一番いい。

そして、家賃も安いので、一人暮らしの人はモテたかったら、

「池袋に住め!」って言葉があるくらいですからね。

そして、HUBの話に戻りますが、

HUBはナンパされる目的でない人も多く来ていて、普通におしゃべりできる場です。

そこで仲良くなった出会いというのはとても大事です。

いわゆる相席屋にいるような男を金づると考えているような変や奴につかまりにくくなります。

出会いの質が高いのがおすすめな理由です。

 

② クラブ

クラブは初めての人は気後れすると思いますが、大丈夫ですよ。

治安のいい場所ではありませんが、出会いの豊富さで言ったら最高です。

遊びたいからクラブに行ってる訳で、遊び人が集まる場所です。

遊んでる女と仲良くなり、合コンを開いてもらえば、遊んでる女の友達も勿論、遊んでいる可能性が高いです。

結果的に、遊んでる女性の知り合いが増え、出会いに困らなくなります。

私は当時、良くクラブで出会った女の子をお持ち帰りして、後日鍋パを打診して友達を呼んでもらった気がします。楽しかったですね。

但し、いきなり素人2人が行くとなかなかうまくいきません。

なので、周りに一人はいるであろうクラブ好きと一緒に行った方が良いです。

色々と教えてくれるでしょう。

 

③ 路上

えっ!!!路上ですか??

って言われそうですが、路上です。

路上は歩いている人に声をかけるのですが、そんなに慣れれば、難しくありません。

さすがにしらふだと困難ですが、酔った勢いで声かけるぐらいが丁度いいですよ。

女の子も酔っていたら、一緒に飲みに行きましょうってな感じでアプローチして飲みに行っちゃいましょう!

結構、行けるもんです。

為にしやってみて下さい。

まあ、勿論断られることも多いですが、メンタルを鍛えられるので、良いです。

まとめ!

ここでまとめに入りますが、出会いのスポットを選択するためにとても重要な点を下記にまとめます。

・金目的な場所で出会おうとするな
(みんな楽だから相席屋行きたがりますが、うまくいかない確率の方が高い)

・女の立場が優位な場所で勝負するな

・開拓者になれ! 自分から声をかける場所で頑張れ!
(やはりこれしかない。メンタル鍛えて頑張れ)

・合コンは大事。相席屋に行くぐらいなら合コンしろ

・自分が優位な立場になる場所で勝負しろ!
(合コンの幹事など)

以上です。

この記事で皆様が少しでもモテるようになったら、こちらは嬉しいです。

モテる男になって過去の自分を見返しましょう!

大丈夫です。

行動すればモテるようになりますから、安心して下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました