お金持ちはモテない?支出削減するとモテなくなる理由

モテる方法

こんにちわ!

たかしです。

最近、暑いですね。

夏は好きな人と嫌いな人に分かれると思いますが、皆さんはどちらですか?

私は大好きです!

今年も、夏っぽいことしたいですね。

夏は、たった2か月間ですから、皆さんもエンジョイして下さい!

さて本題に入ります。

先日、下記ツイートをしました。

今日はこのテーマについて、解説します!

スポンサーリンク

結局、モテる人って、女は顔。男はお金。

女は顔。男はお金とは。現代を象徴したような話です。

まさしく女のモテる人は顔が可愛いかきれいですよね。
お金があってもモテないのが女性です。

ところが、男はどんなにイケメンでも金なければモテません。
これは事実ですね。(一部のめっちゃイケメンは除いて。)

そして、ここで大事なのがお金持ちはモテますが、お金持ちになろうとしている奴はモテないってことです。

えっ!!!
どういう事???
意味わからない。。

っていう声が聞こえてきそうですが、解説します。

お金持ちになろうとして、支出削減に走るやつはモテなくなる。

まず、お金持ちって何か?

人によって、基準はそれぞれですが、ここでは単純に貯金がいっぱいある人のことと定義します。

そして、貯金をするには、「収入ー支出=貯金」という計算式が当てはまります。

ここで、皆さんがもし仮に会社員の大半はすぐに収入って上がりませんよね?
そうすると、まずお金持ちを目指すときに何から手を付けるかというと、支出を削減することです。

支出削減は大きなお金から手をつけるというのが定番です。

毎月の一番の支出は家賃。その次は飲食代

毎月の一番の支出は誰しもが家賃だと思います。

今は車を持っている人が少ないので、家賃と飲食代ですかね。

この二つは支出の中でもとても多くを占めています。

勿論、お酒飲めない方や飲みに行かない方は飲み代が少ないかもしれませんが、
そういう人は、趣味にお金を使っているケースが多いような気がします。

家賃を削減する事の4つの弊害

そして、家賃を下げる事の弊害を下記にまとめてみました。

・立地が悪くなり、女性を部屋に誘いにくくなる。

・立地が悪くなり、遊びに行くのが億劫になる。

・部屋が狭くなる。

・家の外観が汚い
この三つかと思います。
モテるやつって、やっぱりお金をいっぱい使ってます。
だって、デートするのにもお金かかりますし、飲みに行ったらお金かかりますし、
とにかくモテるために行動するだけで結構金使ってます。
そして、気前が悪い人と女性は飲みに行きたくなりませんよね。
だから、お金を使うやつの方がモテるんです。
勿論、家賃を削って、飲み代に使ってるやつとかもいますが、いざお付き合いを始めるときに、
お金が無いのがわかっちゃいますよね?
彼女を部屋に呼ばないのも不自然ですしね。

まずはお金に余裕を持ってからモテる男になろう

ここはとても大事ですね。

お金を稼げるようになって、生活に余裕が出てから、モテるようになればいいのです。

勿論、歳をとると若い子にモテにくくなることは事実ですが、、、

30代なら20代はいけますね。

40代になると、少し20代はいきにくくなります。

なので、結論からいうと、30代のうちに稼げるようになって、モテる技術を磨くことが一番です。

ただ、40代や50代でも全然、間に合います。

ターゲットは、30代が増えるかもしれませんが、気にすることはないでしょう。

まとめ!!

・お金を貯金するために家賃を削減すると途端にモテなくなる。
・モテるためには、優先順位としてまずはお金を稼ぐことを目指す。
(都内だとフリーターであれば、月30万は稼いでほしいです。
・なんとか30代のうちにモテるようになると、20代の女性を狙うことが出来る。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました