コロナウイルスで出会いが激減している婚活男子が今できること

婚活

こんにちは!

コロナウイルスやばいですね。

30日は、367人確認されたみたいで、最悪の状況ですよね。

婚活している人にとっては最悪の状況ですね。
最近、知り合いが秋葉原の街コンジャパンに掲載されている街コンに男2人で行ったみたいなんですが、女の子1人と男1人の合計4人しか集まっていなかったみたいです。

しかも参加料6,000円払って、2時間も滞在して、軽食付きって書いてあったのに、
ご飯もなく、お菓子で酒だけ飲んでたみたいです。

最悪ですよね。

てか、なんで2時間もいたのか?って聞いてみたら、運営側からいずれ女の子がくるって言われたからみたいで、酷い話です。食事も経費削減でカットしたのでしょう。女の子もサクラでしょう。

今、返金の要請をしているみたいですが、まあ無理でしょうね。

コロナウイルスは、出会いの考え方を変えました。

今日はそんなテーマで書きます。

スポンサーリンク

婚活パーティ、クラブ、HUBでの出会いはもう終わり?

正直、出会いを求める男子にとって、人が集まる場所っていうのは、絶対必要な要件です。

人がいないと、出会いは生まれません。

しかし、コロナウイルスは人が集まっているところに行くな!っていわれている訳ですから、
出会いが無いに決まっています

週末にクラブに行ったり、HUBに行ったり、街コン行ったり、パーティー行ったり、して女の子を探していた男たちが今や露頭に迷っています。

正直、私も今この状況で何をすればいいんだろうと考えています。

ただ、こんな状況においても少ないチャンスをものにして、出会いを作っている男はいます。

今一度、自分の周りの環境を確認することから始めましょう。

まずは、職場をみよう。

まずは、手っ取り早いのが職場です。

社内へのアプローチです

今は、在宅勤務や飲み会の自粛でプライベートに話す機会が激減しています。

しかし、社内の女の子であれば、LINEを知っていたり、する訳で、「調子どう?」
みたいに、サクッと連絡を取ってみると面白いものです。

身近なところからアプローチをしてみましょう。

ネットでの出会いの増加

今、ネットでの出会いが増えているそうです。

やはり、出会いが欲しい男女は、飲みに行けない訳ですから、時間を持て余しています。

そうした中で、限られた出会いのツールとして残るのは、ネットです。

インターネットの出会い系であれば、今や誰もが利用している時代です。

ネットでの出会いも研究した方が良いと思います。

今まで連絡先を交換した女子の棚卸し

これは、今までLINEを交換した女の子がある程度いる人間に限られますが、
LINEの友達登録っていつのまにか、滅茶苦茶増えていませんか?

その友達に、連絡をしてみると意外と反応が良かったりするものです。

皆、暇している訳ですから、ワンチャンあるかもしれないので、チャレンジしてみると面白いと
思います。

やってみましょう。

コロナが終わったときに活動できるように貯蓄する

これもありですね。

私なら、今は動かないを選びます。

行動して、コロナにかかると様々な人に迷惑がかかるからです。

なので、飲みに行ったりせずに、今は貯蓄する方が良いと思います。

確かに、経済を回さないとッていう言葉がありますが、そんなことは、庶民は気にする必要はありません。

金持ちがやってくれることです。

平和が何よりです。

ワクチンが出来るまで家でオナニーで良いんじゃないですかね。

ゆっくりする時間も必要ですよ。

焦らないことですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました