明日からモテちゃう?モテるおまじないから始めるイケメンへの第一歩

モテる方法

こんにちは!

今日はちょっと雰囲気をかけて、、、

「モテるおまじない」

とちょっとスピリチュアルに語ってみたいと思います!

スピリチュアルとか非科学的やん。。。

なーんて言わずに、気の持ち方ひとつで案外モテてしまうものですよ^^

スポンサーリンク

モテるおまじないとは?

モテるおまじないというのは、

心構えだったり、特殊なアイテムだったり。

普段とはちょっと違うことをするだけで、おまじない的にモテてしまうという裏技です!

ハンカチを持とう!

ハンカチ、持ち歩いてますか?

ハンカチはモテる男を演出する、超お手軽アイテムです。

なかなか効果を発揮する場面はないかもしれませんが、いざというとき、女性にさっとハンカチを出せる男性は紳士的で本当に好感度が高いです。

ハンカチは清潔感がある白色が望ましいですが、絶対というわけではありません。

ぼくはキャラものを使ってみて、「遊び」を演じてみたりしてます笑

ハンカチを持っているマメな男性なのに、キャラもののハンカチ使ってるなんてちょっと可愛らしいと思いませんか?

柄はなんでも良いので、ハンカチを持ち歩いて、「自分はデキる男」というのは自覚して、胸を張って歩きましょう!

ハンカチを持ち歩いている分、持ち歩いていない男性より、一歩前に進んでいるのですから!

腕時計をつけよう!

スマホが普及して、

「腕時計なんてつける意味あんの?」

なんて時代になりましたが、

時間を確認するのに、いちいちスマホを取り出しているのはスマートとは言えませんよね。

さっと腕を出して時計を確認する男は、女性から見てスマートで頼り甲斐のある男性に見えます。

別に高級品である必要はありません。

女性は、腕時計のブランドで男を評価していませんからご安心ください(キャバ嬢は金ヅル探しとしてブランド見てるかもですね笑)

強いていうならば、誠実感もあって女性もわかるブランドとして、SEIKOが良いでしょう。

一応言っておきますが、時計はキャラものはダメですよ!時計はスマートに見せることが目的です。

金ピカ、成金みたいな時計もNGです!

誠実感、スマート、このあたりを意識して時計を選びましょう。

靴を磨こう!

靴、磨いていますか?

女性は案外、靴を見ていたりします。

汚れや傷が目立つと、どうしてもみすぼらしいイメージがついてしまいます。

ピッカピカにする必要はありませんが、目立った汚れがないように靴は磨いて出かけましょう。

もし、靴を磨く道具などがなければ、革靴専門店などで靴磨きを依頼しましょう。

自分の靴がどこまで美しくなるのか、どういった手入れをすればいいのか相談ができます。

靴が綺麗だと、スマートな男性に見えますので、ぜひぜひ綺麗に保ちましょうね!

背筋を伸ばして歩こう!

姿勢が悪いと頼りない男性に見えてしまいます。

背筋を伸ばして歩きましょう!

といっても、姿勢を正すのって大変ですよね。

ぼくのおすすめは、インソールを変えることです。

特にオススメは、ビルケンシュトックのインソールです。

https://ec.benexy.com/brand/blue_footbed/

これを履くだけで、本当に姿勢が良くなりました。

姿勢が良くなると、胸を張って歩けます。

姿勢からモテるオーラが出てくるものです。

俺ってかっこいい!と念じよう

「俺ってかっこいい」

これを10回唱えて会社、学校に出かけましょう。

めんどくさい?

であればこの歌を覚えて歌いましょう。

Cool TAKさんの曲です。

正直、誰だか知りません笑

ですが、とても前向きになれます。

「おーれってかっこいいなー」

「いちばんかっこいー」

Cool TAK

モテるために大切なこと

さぁここまでおまじないを紹介してきました。

賢いみなさんならお気づきかと思いますが、

「これっておまじないなの?」

はい、おまじないじゃないですね。かなり具体的で実践的でした。

でも、明日からできることには代わりないですよね。

 

女性が好きな男性ってわかりますか?

女性が好きなのは、モテる男性です。

 

おかしなこと言うと思いましたかね?

モテたいと思っているのに、モテないと女性にモテない、という不思議な理屈になってしまいます。

何も理不尽なことは言っておりません。

僕が言いたいのは、

モテる男を演じろ。

ってことなんです。

女性に「この人はモテる」と錯覚させればいいのです。

ここまで紹介してきたおまじないは、まさに、

女性を錯覚させるノウハウです。

 

明日からすぐに実行できるものばかりですので、

ぜひトライしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました