自分の話ばかりする男はモテない!自分ばかり話してしまう原因と対策

モテる方法

こんにち笑った顔も可愛いね!

はい、たかしです。

 

自分の話ばかりしてしてしまう男性、いますよね。

それって決して女性にモテません。

 

モテないと分かっていながら自分の話ばかりしているのであればまだ良いですが、

大抵の男性は、モテると思って自分の話をしているように思えます。

 

今日は自分の話ばかりしてしまう空回り男性に向けて発信していきます。

スポンサーリンク

なぜ男は自分の話ばかりしてしまうのか

ではなぜあなたが自分の話ばかりしてしまうのか、原因を考えていきましょう。

話している側が断然楽しい

まず第一に話している側の方が楽しいからです。

ごく稀に話を聞いている方が楽しいという人がいますが、ごく稀です。基本的に人間は話している側が楽しいものです。

なので無意識で自分の話をしてしまっているのだと思います。

自分の話は二の次だということをしっかりと意識してください。

あなたが話している方が楽しいように、女性も話した方が楽しいのです。

そしてあなたは、女性を楽しませるために会話をしているのですから、あなたが取るべき行動は明らかですよね。

あなたはバラエティ番組の司会者のように、聞き手とリアクション、気の利いたコメントに徹しましょう。

自分に自信がない

自分に自信がないために、自分がどれほど優れた人間なのかアピールしようとして空回りしている人もいます。

相手に自分をアピールすることに必死になりすぎているパターンですね。

自信を持ちましょう!

なんて言っても、自信というものは、意識で得られるものではありませんよね。

自信というのは、成功体験の積み重ねで得られていくものです。

筋トレで体を鍛えたり、女性といい感じになれた経験が、自信へとつながっていくものです。

あなたが素敵な男性だということは、そんなに自分をアピールしなくても伝わります。

自分を強くアピールする必要はないことを覚えておいてください。

何を話していいかわからない

女性と何を話していいかわからないから、自分の得意な話をしてしまう男性もいます。

特に高学歴な方。

会話というものは、建設的なものではないといけないと思っていたりします。

議論を重ねていくこと自体に楽しみを覚えたりしますよね。

 

ですが、女性は一切そのようなことを求めていません。

女性が求めているのは共感だけです。

 

女性との会話は、建設的な話をすることが目的ではなく、共感、共通ポイントを作ることが目的と意識してください。

自分の話をしてもいい

自分の話ばかりしてしまう男性の原因を紹介していきました。

自分の話は基本的にNGとなりますが、女性の話ばかり聞いていたのではあなたのことがアピールできないときがあります。

 

「おいおい、さっきは自分の話をするなって言ってたじゃん!」

 

はい、矛盾はごもっともです!

ですが、これが現実です。うまく自分の話とのバランスを取る必要があるのです。

そうですね、「女性の話:自分の話 = 8:2」くらいの割合、2割くらい自分の話をすると良いでしょう。

相手に質問させる

問題は、自分の話をするタイミングです。自然に自分の話を織り交ぜていく方法があります。

それは、「相手に質問させる」です。

自分の話をするとき、少し穴を空けてください。

例えば、

「へぇテニスやってるんだ?俺もスポーツやってるけど体を動かすのは気持ちいいよね」

こんな具合に自分の体験と合わせて共感をするときに、「フットサル」とは言わずに「スポーツ」といった具合に抽象的にしてあげるんです。

 

すると、女性は、

「スポーツってなにやってるの?」

とその穴を発見して質問してくれます。

相手が質問してくれたのですから、あなたのターンです。

あなたがどのようなスポーツを、どんな風に楽しんでいるかをアピールしましょう。

ただ、繰り返しますが、基本的にあなたは喋りすぎてはいけませんよ!

 

「えーっとね、フットサル。仲間と週一で練習してるよ。フットサルはやったことある?」

 

といった具合に、「いやいや、自分の話は良いので、あなたのことを教えてくださいよ」という意識を忘れないようにしてくださいね。

 

まとめ

自分の話ばかりしてしまう男性は、自信がなかったり、口下手な裏返しだったりします。

女性との会話に慣れていけば自然と改善されていきます。

女性との会話に慣れるまでは、TV番組の司会者になりきって女性と話を聞きましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました