バレンタインで気になるあの子からチョコをもらう方法

モテる方法

こんにちは!

緊急事態宣言が繰り出されましたが、チョコがもらえなそうな世の男子たちはバレンタインに向けて緊急事態宣言って感じでしょうか。たかしです。

バレンタイン、本命じゃなくてもチョコもらえると嬉しいですよね。

中には義理チョコすらもらえないという悲しい男性もいることでしょう。

今日は、義理チョコのもらい方から本命チョコのもらい方までをお話ししていきたいと思います!

スポンサーリンク

チョコがもらえない理由

そもそも、チョコがもらえない男性は何が原因なのでしょうか?

モテないから?

顔が悪いから?

 

それは女の子があなたにチョコをあげる理由がないからです。

とまぁこんなことを言っても、「何を当たり前な・・・」と思われるかもしれませんね。

しかし、逆にこう言ったらどうでしょうか?

 

あなたが女の子に、チョコをあげる口実を作っていない

 

何もしなくてもチョコがもらえるなんてことはありません。(よっぽどのイケメンなら違うかもしれませんが)

普段から女子に対して優しく話しかけたり、相談にのってあげたり、仕事や勉強を手伝ってあげたり。

なんでもいいんです。女の子があなたにチョコをあげる口実を作ってあげるだけで、

「いつもお世話になってるからチョコあげるね」

となるわけです。

それはもしかしたら本命かもしれませんし、本当にただのお礼かもしれません。

ですがチョコをもらったという事実こそが大切なんです。これは後ほど解説します。

なぜ口実が必要か?

女子はロマンチストです。

基本的にバレンタインにはチョコを誰かにあげたいものです。それが本命か義理かはともかく、この恋愛イベントにのっかりたい生き物です。

同時に女子は、他人の目を気にする生き物でもあったりします。

「なんであんな奴にチョコあげたの?」

と周りの女子友達から聞かれたりすることが怖いのです。

ですが、ここで他人が納得するような理由があれば周りの目も気にせずにすみます。

(例えば、野球部のマネージャーが野球部員にチョコをあげていてもなんら違和感はありませんよね。)

 

女子は周りへの言い訳として、チョコをあげる理由を探しているのです。

チョコをあげる相手を探すというのは、同時にあげる理由を探しているとも言えます。

なので、あなたが口実を作ってしまえば、女子は自然とあなたをチョコをあげる男子候補へと昇格します。

本命チョコをもらいやすくする

「口実を作るのはわかったけど、それって義理チョコじゃない?意味あるの?」

と思った方もいるのではないでしょうか?

義理チョコでもいいので、なるべく多くのチョコをGETした方がいいです。

これは前述した、チョコをもらったという事実こそが大切、ということにつながります。

自分のブランド価値があがる

女子は周りの目を気にする生き物と言いました。

誰からもチョコをもらっていない男子にチョコをあげるのと、人気があってたくさんチョコをもらっている男子にチョコをあげるのとで、どちらが女子の精神的負担が少ないと思いますか?

もちろん、後者です。みんながあげているから私もあげようというのはごく自然なことです。

 

つまりチョコをもらうことが次のチョコを呼び起こし、加速度的に人気者になれるということです。とにかく最初の1個が重要ですね。

女子はモテる男性が好きです。実際にモテているかはともかく、モテていそうと見えることが大切だったりします。

チョコをたくさんもらうことは、あなたのブランド価値を高めて、モテへと一層近づけてくれます。

本命チョコのためにも義理チョコをもらおう

義理チョコなのか本命チョコなのか、外からは一見わかりません。

あなたのことを本当に想っていてくれている女子がいたとしても、あなたが周りからチョコをもらっていなければ渡す精神的負担を与えてしまいます。

義理チョコをもらうということは、間接的に、本命チョコをもらいやすなるというメリットもあります。

たかが義理チョコ、されど義理チョコです。

別に気になっていない女子からでも義理チョコがもらえるよう、普段から根回しが必要です。

チョコをあげる口実を作ろう

まとめです。

チョコをあげる口実を、女の子に与えましょう。

口実はなんでもいいのですが、女子目線に立って、女子として口実になりうるかを考えると良いでしょう。

口実作りが難しければ、

「チョコをもらったことがないからチョコをくれ!」

と言ってしまうのも大有りです。

女子は口実さえあればいいのですから、頼み込む、という選択は僕は間違っていないと思いますよ!

 

義理チョコを連鎖して、本命チョコをもらっていきましょう!

あ、そうそう。

ホワイトデーのお返しは簡単でいいのでお忘れなく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました